メインコンテンツエリア

司法書士 三谷先生のブログ

エイワからの過払い金回収

エイワという貸金業者があります。
多重債務者の増加が社会的問題になった頃、債務整理の手続きをする際に、依頼者から「エイワにだけはこのまま返済したい。」という声があったほど、借主から恐れられていた会社です。

過払金返還請求をするときも、独自の主張を展開し、10年前からの取引履歴しか開示しないので、過払金の請求をする際もかなり手ごわい業者です。

最近、依頼者のAさんは、エイワから過払金請求額を全額回収しました。Aさんの場合も、開示された取引履歴は、きっちり10年前からのものでした。
エイワは、他の業者のようにリボ払いの取引ではなく、定額を貸付け、返済が進むと、借り換えを繰り返す方式で営業していました。取引の途中から開示する場合でも、取引履歴の冒頭は貸付から始まっていて、従前の借入残高がわかりません。
借り換えが繰り返されていることが推定されても、それを証明する証拠がないと、裁判では完全勝訴できません。

Aさんの場合は、エイワへの返済を口座から振り込み、古い預金通帳をしっかり保管していたため、本人が書いた陳述書の内容と預金通帳の記録がほぼ一致し、第1審、控訴審とも、裁判官はAさんの主張を全面的に認めてくれました。

しかし、現在、エイワは判決が出ても、全額を払おうとしません。判決後も、再三の和解交渉の連絡がきましたが、Aさんは妥協せず、最終的に債権差押えの申立てをして、全額回収することができたのです。

現在、エイワが過払金を返還する基準は、判決が出た時ではなく、差押えがあった時ということなのでしょう。貸金の営業をしながらも、過払金の返還請求に対してこのような対応をするというのもちょっと理解に苦しみます。やはり借主から恐れられていた会社のようです。