メインコンテンツエリア

トピックス&ニュース

過払い請求をして、アイフルから債務不存在確認請求が・・・

2015/03/22

昨年末あたりから、アイフルが「債務不存在確認請求訴訟」を提起しているという話を聴くようになりました。現実に、今年に入って、当職が担当している過払い請求の案件でも、「債務不存在確認請求」の訴訟を提起されました。「アイフルの過払金返還債務が、金〇〇〇円を超えて存在しないことを確認する との判決を求める。」という請求の趣旨です。
 アイフルは、過払金返還の訴訟を提起された場合、第1回期日の直前に本店所在地の管轄への移送申立をしてましたが、それがなくなっているので、どうやら戦術を変えたようです。


 借主が、先に簡裁に過払金返還請求訴訟を提起したのに、アイフルが地裁に債務不存在確認請求訴訟を提起したために、アイフルの移送申立により、 地裁に移送する決定がされたという事案も出てきています。
 当職の案件では、過払い金が少額の簡裁案件にもかかわらず、先に本人を相手に地方裁判所に債務不存在確認請求訴訟を提起しています。


 地裁に提起したのは、形式的には訴額が算定困難なためという理由ですが、 実際は少額な過払金請求でも、本人を出廷させたり、簡裁よりも遠方の地裁に係属させることによって混乱させ、あきらめる借主が出てくるのを期待しての戦法ではないかと推測されます。

 

対応策としては、移送申立、 反訴提起ということになりますが、借主の反感を買って、訴訟の場で全額返還されるまで徹底抗戦になるケースが増えるでしょう。
今後も、アイフルとの過払金訴訟では、奇策はが出てくる可能性があるので要注意です。