メインコンテンツエリア

手続き費用

過払い金請求・任意整理の費用

完済した方(過払い金請求) 返済中の方(任意整理)
相談料・着手金(初期費用) 0 相談料・着手金(初期費用) 0
手続報酬(1社あたり) 5,000
(1社のみご依頼の場合、最低額10,000円)
手続報酬(1社あたり) 20,000
(1社のみご依頼の場合、最低額35,000円)
成功報酬
(過払い金から費用を精算)
返還を受けた過払金の20 成功報酬
(過払い金があれば、回収後に費用を精算)
過払金の返還を受けた場合:過払金の17
(訴訟を提起した場合:過払金の20%)
減額報酬
(再計算の結果、債務額が減額した場合)
0

※別途、消費税、実費(通信費・印紙代・郵券代等)がかかります。

過払い金請求・債務整理の無料相談はこちらから。お電話orクリック

自己破産の費用

費用項目 手続報酬 備考
手続き費用
(債権者10社以下の場合)
250,000円 ※別途、消費税、実費(通信費・印紙代・郵券代等)がかかります。

東京地方裁判所における個人自己破産手続費用(同時廃止事件)
予納金 10,290円
収入印紙1,500円
予納郵券4,000円

個人民事再生の費用

費用項目 手続報酬 備考
住宅ローンなし
(債権者10社以下の場合)
280,000円 ※別途、消費税、実費(通信費・印紙代・郵券代等)がかかります。
住宅ローンあり
(債権者10社以下の場合)
350,000円

東京地方裁判所における個人民事再生手続費用
予納金  11,928円
収入印紙10,000円
予納郵券 1,600円
分割予納金(本人申立ての場合)25万円程度 (約6か月で支払う)

特定調停の費用

費用項目 価格 備考
手続き費用
(1社あたり)
20,000円(最低35,000円) ※別途、消費税、実費(通信費・印紙代・郵券代等)がかかります。

* 報酬金・実費等は、分割払いに応じています。
* 受任時に、相当額の過払い金の回収が見込まれると判断した場合、報酬金を回収した過払い金から清算して支払うことも可能です。
* 日当 : 債権者から訴えられて、司法書士が代理人として期日に裁判所に出頭した場合と、司法書士が代理人として期日に裁判所に出頭した回数が、通算で3回を超える場合に、以後必要になることがあります。(1万円/回 上限3万円)
* 過払い金返還請求額が140万円を超える場合は、本人訴訟支援として、司法書士が裁判所提出書類の作成者、送達受取人として業務を行います。ご本人に裁判所に出廷していただく場合がありますが、その場合は必ず司法書士が同行いたします。
* 債権者への支払代行をした場合、1回あたり1,000円(金融機関の振込手数料を含む)を申し受けます。
* 上記の費用金額を原則としておりますが、案件によっては異なる場合もあります。詳細はお問い合わせ下さい。